雨漏りについて

雨漏りの原理・しくみ

雨漏りは、雨水が屋上や外壁のコンクリートの隙間に浸入し、
室内に達することを言います。
通常、屋上や外壁には「防水処理」が施されます。
雨水の浸入を完全に遮断することが大切だからです。
ところで、オーナー様が雨漏りを確認した場合は
「屋上や壁に大きな穴が空いてしまった。」と思われがちです。
しかし、そのような大きな穴は、
ある日突然空いてしまう、ということはありません。

屋上や外壁は、防水層(塗膜、シート、コーキングなど)が
経年劣化により見た目では解らないほどの空隙が生まれます。
空隙があれば、あとはスポンジの原理と同じです。
隙間に雨水が吸い込まれ、隙間周辺は雨水で浸されます。
一定の水量を超えた場合に水が漏れ始めますが、
実は初期段階ではそこまで漏れは発生しません。
しかし、コンクリートに水の浸入を許した時点で、
そこから「内部劣化」が始まってしまいます。

内部劣化が進むと、壁に「亀裂」「爆裂」が生じます。
例えば、水がコンクリート内部の鉄筋に付着することで、
金属の腐食(酸化)が始まります。
酸化した金属はサビとなって現れますが、体積が増えるため、
その分、コンクリートに圧力が生じます。
また、コンクリートに含まれた水分そのものも、
日光からの紫外線を浴びて気化(水蒸気化)されますので、
気化された水は膨張し、同様にコンクリートを圧迫します。
壁にヒビが生じる原因は、これらの内部圧力によるものです。

もちろん、上記以外にも雨漏りの原因はございますが、
雨漏りをさせないということは、「水を1滴でも浸入させない」という事です。
防水工事を行うことで、内部劣化を防ぎ、建物の寿命を維持し、資産価値を守ります。